読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅先レポート

おすすめなランチ、行き先、楽しみ方を発信したいと思っています。ヘルシーな食べ物をお腹いっぱい食べるのがすきです。

留学の持ち物 アメリカ留学

シアトル留学2日目

 

持ってきてよかった持ち物について

日本にいるときにいろんなサイト検索したけどやっぱり来なきゃわからないこともたくさんある!

 

まずはじめに、近くにDAISOあればなんでも買える!!(1個1.5$)

日本のDAISOと品揃えもほぼ同じ!

電池とかボールペンとかは日本から持っていくべきって書いてあったけどなんだかんだ買える。

キットカットとかポッキーとかハイチューとかなんでもあったけどガムはなかった、、キシリトール系のガム食べたかった(笑)

 

わたしとしては

・折りたたみ傘(毎日使う、わりと皆持ってきてない)

・フード付きジャンパー

・プラスチックの水筒

 

が持ってきてよかったかなーってかんじ。

なんといっても折りたたみ傘!!!笑

 

持って来るの忘れたのは

・バスタオル、フェイスタオル

(ホームステイ先のタオルの匂いがすきじゃない)

・マフラー(シアトル寒い)

 

あとは服も調べてたらあんまり持って行かなくていいって書いてあったけどやっぱたくさん持ってきてよかった!!こっちにきてから生活費+服ってなるとすごいお金使ってる気分になっちゃうから良くないと思う!服を見る時間もあんまりないし。

 

おしゃれなスカートはまじでいらない!

 

ほかはみんなが書いてるように化粧水とかの日用品と教科書と電子辞書と薬とか!

 

着いてすぐ使うものがあればなんとかなるなってかんじ。わたしはシャンプーとか洗顔で全部ボトルで持ってきたけど笑笑

 

あと、持ち物って言っていいのかはわからないけどソフトバンクのアメリカ放題最高すぎる。

アメリカはwifiあるから平気って聞いてたけど、バスの乗り換えわからなすぎて常にGoogleマップ検索してる。

 

バス常に遅れるからスマホ使えなかったら乗り換えの時間とか違うルートとかの融通効かないだろうし、出かけた先からの帰り方もわからないだろうし、すぐ単語も調べられないしデメリットありすぎ。

 

孫さん、ありがとう。

 

 

 

 

 

アメリカ大使館 ビザ申請 注意事項

アメリカ留学

アメリカ大使館にビザ申請に行ってきました。

ビザ申請について書いてある記事があまり見つからず事前情報が得られなかったので情報共有したいと思います。

内容は荷物の持ち込み制限、所要時間、申請の流れについてです。興味のある方に読んでいただけたら光栄です。

 

【記事を読む時間の惜しい方へまとめ】

・手荷物はサイズなんでもOK。電子機器類NG。ただし、ケータイを除く

・所要時間2時間少々。

・本は持って行ったほうが暇つぶしできる。並ぶのは外だから防寒。以上。

荷物のサイズについて

荷物持ち込みの時唯一気をつけなくてはならないものはケータイ以外の電子機器類だ。荷物のサイズは気にしなくてよさそうである。(詳しくは以下。)

パソコン、USBなどの電子機器類を持参していた人は容赦なく駅のロッカーまで行かされる。大使館付近にロッカーはない。駅までは徒歩10分ほど。大使館に到着してから手荷物チェックまでは40分ほど並ぶため、駅まで戻れと言われたら絶望的な気分になるだろう。

わたしの前に並んでいた人はパソコンを持参しており、駅まで行く羽目になっていた。しかし、戻ってきたら声をかけてくださいね。と言われていたので再び長蛇の列に並ばなければならないわけではないらしい。大使館、少しは優しい。

 

ちなみにビザ申請の際に持ち込める荷物は規定では20㎝×20㎝となっている。

家で自分の一番小さい荷物を計ってみると26㎝.......「持ち込めない....。」

ロッカーに預けるか。と思い、くそ真面目にロッカーに預け、財布と本だけをペラペラの布のバッグ(折りたためば20㎝以内)にいれて行った。

 

しかし、着いてびっくり「みんな大きいバッグ持ち込んでるじゃん!!」全体的に小さめのバッグで来ている人が多かったが、リュックで来ている人やサラリーマンの定番手持ちバッグで来ている人もいる。余裕で持ち込み可のようだ。

私(それ50㎝超えてるって...苦笑。)

 

40分ほど並び、荷物検査を終えるとようやく大使館の建物に向かうことができる。しかし、大使館の入り口で再び待たされる。入口の受け付けは1人。え、1人??????って感じだ。途中から2人体制になったがそれでも遅い遅い。せっかちな自分には苦行である。職員は急ぐ気など全くない。

 

手荷物検査、入り口での受付を済ませ、ようやく大使館の中へ。入口でもらった書類を窓口に提出し、受付番号をもらい、呼ばれるまで椅子に座って待つ。25分くらいで呼ばれた。このときはスマホは預けていて手元にないので本を読んでいた。暇なので本を持ち込むことをお勧めする

 

番号が呼ばれたらここからは非常にスムーズに終わる。指定された窓口のようなブースに行き、指紋をとられる。ここでは特になにも話さない。そのまま次のブースへ。ここでは簡単な質問を英語でされた。

「日本では何してるの?」「アメリカに行く目的は?」「費用は誰が払う?」この3つだったと思う。ここではアメリカで働きたいですなど不法滞在を疑われることを言わない限り、すんなりとビザは許可される。2分ほどで英語の受け答えは終了し、やっと帰宅。

 

9時からの面接予約だったが、8時半ごろに到着し、10時半ごろに終わった。手続き自体は15分あれば余裕で終わるように思うが、ひたすら待たされる。

世の中には1分1秒で莫大な価値を生み出すエリートもいるわけだから、その方々の時間を無駄にしないでほしい。大使館に来るサラリーマンは会社を背負い、海外出張に向かう人も多いだろう。わたしももしかしたら将来そんなエリートサラリーマンになってバリバリに活躍しているかもしれないので(希望)大使館のシステム、改善求む。

 

くるこ

 

恵比寿の前菜ビュッフェ付きタイ料理

ランチ

今日は恵比寿に用事があるが時間がないため近場でランチ。

以前から気になっていたランチ、前菜ビュッフェ付き、ALL1100円の「Blue Papaya Thailand 」へ。駅からは徒歩5分ほど。

 

平日の13:00頃に訪問した。店内は女性客で賑わっている。満席にはならないいいかんじの混み具合。

 

わたしはパッタイ、友人はグリーンカレーを注文。注文したらビュッフェをどうぞと言われ、ビュッフェコーナーへ。

 

「.....ミスった」

生春巻きがあると思っていた....お店はなにも悪くない。生春巻きがあるとなぜか勝手に思い込んでいたわたしに全責任がある。

タイ料理の前菜=生春巻きとエビトースト

という偏見をもっているのでこちらの前菜ビュッフェはわたし好みではなかった。

 

と言いつつもちろん食べる。

f:id:kuru072095:20170310113325j:image

こんなかんじ。

全部で6品あった。サラダ、豆腐、中華炒め?、鶏肉の炒め物、スープ。

 

お代りしようとは思わないかんじ。食べログのレビューがわりと良かったけどみんなコスパで判断してるのかな。

 

前菜ビュッフェを取り終え、席に着くとメインが運ばれてきた。びっくりなことに5分かからないくらいで到着!!時間がないひとには素晴らしい早さ!!!

f:id:kuru072095:20170310113624j:image

 

甘めのパッタイ。ピーナッツと干しエビがたくさんでおいしい。

ここの店員さんはみんなタイ人っぽかった。そのためか、日本人向けにアレンジされているというよりは本場のタイ料理に近い味。

 

わたしはパッタイが大好きなので満足。パッタイはお店によっていろんな味があるのがおもしろい。特に好きなお店は2店ほどあるが、それ以外もどこで食べてもだいたいおいしいと思う。

グリーンカレーも辛すぎずココナッツ風味のクリーミーな味でおいしかった!

 

あとデザートにコーンの入ったタピオカミルクがあった。味は普通においしい。ただ、食べている途中にほこりが入っているのを見つけたため食べるの中止(笑)

友人のにも入っていたので、まあそういうことだろう。衛生面の完璧を求めるなら高い店に行け。という話なので文句はない。コスパのいい店に文句を言ってはいけないと個人的に思っている。食べなければいい、もう来なければいいだけの話だ。

 

ホットコーヒーは薄く、麦茶感がすごい。はじめてコーヒーを飲んで「え、麦茶?」という感想を持った。不思議だ。

 

f:id:kuru072095:20170310114637j:image

前菜は微妙だけどメインはおいしかったからよかった。安いし!!。一回来たかったからこれてよかったな。

 

恵比寿ランチこれからも開拓していこう。行きたいお店が恵比寿と代官山の間にあることが多くてさらっと寄れないのが残念。

おしゃれな人は散歩を楽しんでから食べるのだろうなあ。。

 

くるこ

 

ロシア料理の人気店 チャイカでランチ

ランチ

高田馬場でランチ。

目立たない場所にあり、知る人ぞ知る人気店なロシア料理屋「チャイカ」へ。

駅から徒歩1.2分だが、ビル(駅前)の中ということもありあまり知られていない気がする。

 

平日の12:10頃に訪問したが、2組待ち。10分ほど待ち、入店した。

メニューは6種類ほど。6種類ほどと言っても、肉メイン、魚メイン、つぼ焼き、ピロシキのうち、どれをメインにするか、または組み合わせるかという感じだ。

 

今回はサーモンが食べたい気分だったので魚メインのコース1100円?を注文。

 

まずはサラダとパン

f:id:kuru072095:20170217225937j:image

 

そして次にこのお店の代名詞「ボルシチ

f:id:kuru072095:20170217225855j:image

ランチのセットについてくるスープとは違い、具材がたっぷりはいっている。

真ん中のサワークリームがおいしい。お肉もとろっとろ。おいしくておかわりしたいくらいだ。

 

続いてメインの登場。

f:id:kuru072095:20170217230202j:image

サーモンのトマトソース。マッシュポテト付き。見た目と想像通りの味。

このメインを求めてお店に来ることはないかなあ。というくらい。もちろん、ふつうにおいしい。

 

最後に食後のコーヒーを飲んで今日のランチは終了。

 

ボリューム感をもとめるわたしにはちょっと物足りないかんじ。

つぼ焼き(パイシチュー)とピロシキ(惣菜パンみたいなロシア料理)がつくメニューがあったからこっちを頼めばよかったかなあ。。

 

お客さんは年齢層高めだったからおしゃれなマダム向けのお店なのかも。ひとりで来ているお客さんもちらほら。

 

ランチどきだからか、食べおわったお皿はすぐに下げてくれた。まだ食べ終わっていないメイン料理も下げられそうになった。お皿が汚い気がするのも愛嬌ってとこかな。

忙しそうなのでゆっくり居座るとかはできず食べ終えてすぐ店をでた。

 

お店をでると8人ほど並んでいた。人気店なんだなあ。

 

一度来たかったロシア料理「チャイカ」さん。来れてよかった!

 

くるこ

 

 

 

 

モンスーンカフェ ランチ

ランチ

好きなランチランキング上位に君臨する「モンスーンカフェ」にひさびさに訪れた。

 

今日は平日なので1000円(税込)ランチ。

ここの魅力はなんといっても前菜。

外食にボリューム感を最低条件としているわたしにはありがたい前菜!

 

いくらおいしくてもお腹いっぱいにならない外食はなんか違う。おいしくてクオリティ高くてボリューム感あってこそコスパ!!という自論のもと、日々お気に入りのランチ探しに明け暮れている。

 

そんなモンスーンカフェのランチはこちら。

f:id:kuru072095:20170216225830j:imagef:id:kuru072095:20170216225837j:image

+コーヒーまたは紅茶(一杯)

ジャスミンティー(おかわり自由)

がつく。

 

平日メニューのため前菜はサラダ、生春巻き、鶏ハム。

土日のランチメニューは少し値段は上がるが、前菜にエビトーストがつき、満足度はさらにアップする。

 

ちなみにメイン料理は大盛り無料というコスパの高さ。すばらしい。

わたしはパッタイが一番お気に入りだが、グリーンカレーとアボカドガパオライスもほんとうにおいしい。

 

タイ料理は好き嫌いがわかれる気がするが、モンスーンカフェのタイ料理は日本人向けの味付けでまわりの友達もみんなおいしいといっている気がする。

 

今回ははじめて銀座店を訪れたが、落ち着いた雰囲気で騒がしくなく、ひとりでも利用できそうな雰囲気である。

 

また来よう。武蔵小杉のdaiとモンスーンカフェのランチはほんとうにおすすめ。

 

はやくこの2つのお店を超えるコスパと味を持つお店を見つけたい!

 

くるこ

 

 

 

いちご狩り オリオンツアー

オリオンツアーのグルメツアーに参加してきました。「いちご狩り」「温泉」「安い」を条件にバスツアーを検索した結果、ヒットしたのがこのツアー。

クリスマスにはじめてバスツアーに行き、そこでバスツアーの良さに目覚めてしまった。なんて楽なんだ。。。


今回のツアーは

酒粕工場見学(試飲、試食)
・カニ食べ放題(カニを使ったメニュー数品+いちごのデザートの食べ放題)(70分)
・いちご狩り(30分)
・道の駅
伊香保温泉(2時間)

というプラン。

7:50に新宿センタービル前集合でバスツアースタート。
しばらく乗ってるとまず酒蔵に到着。
工場見学とはいえない規模の工場見学を済ませ(ほとんど聞いていなかった)、日本酒の試飲へ。大吟醸という名の日本酒が有名らしく、日本酒に詳しくない私にとってもとてもおいしかった。

数種類のお酒の試飲、漬物などの試食ができた。個人的には甘酒を飲めたのが幸せだった。
お酒のソフトクリーム(かすかにお酒風味。おすすめは。。うーん。)を食べ、酒粕を購入し、満足したところで酒蔵見学は終了。

続いて念願のカニ食べ放題へ。
カニ食べ放題とはどんなものだろう、とワクワクしながら食事会場に向かったらこんなかんじ。
f:id:kuru072095:20170216224951j:imagef:id:kuru072095:20170216224954j:imagef:id:kuru072095:20170216225007j:image

ひとりひとりテーブルに料理が用意されており、おかわりはご自由にどうぞスタイル。プラスで天ぷらとデザートも食べ放題。
カニは剥くのが大変だからカニの天ぷらをここぞとばかりに食べた。おいしい。

カニをたらふく食べたところで、待ってましたとばかりのいちご狩り🍓

f:id:kuru072095:20170216225026j:imagef:id:kuru072095:20170216225033j:image
食べる食べる。今回は女子3人なので写真を大量にとりつつ、周りを気にせず食べたいだけ食べた。満足。

群馬県産の「やよい姫」という品種だったけど甘くておいしかった!
いちご狩りのビニールハウス、暖かいし心地いい。むしろコート着てたから暑いくらいで冬でも楽しめる。最高!
いちごって1パック500円はするしいちご狩りとてもお得だと思う☺✨

腹10分目のところで再びバスに乗り、伊香保温泉へ出発!♨️
ここでの滞在時間は2時間だが、温泉街を歩き、終点の神社でお参りしたところで時計を見ると残り1時間。

はい、温泉、あきらめます。
おとなしく足湯を堪能し、気づいたら集合時間。

4:45に伊香保温泉を出発し、7:00に新宿に到着。いい旅だった。グルメツアーだ。

朝6時半から起きて、東京から群馬に行き、7時には新宿に戻ってきているなんて。有意義な1日だ。

バスツアー、やっぱり好きだ。次はどこに行こう。日帰り旅行をするならバスツアー、おすすめです。

くるこ

沢村ベーカリーでモーニング in軽井沢

軽井沢

旧軽井沢の沢村ベーカリーレポート

毎年恒例の軽井沢旅行に今年の夏も行ってきました。

行く前から行くと決めていた旧軽井沢の沢村ベーカリーのレストランへ。朝7時からオープンしているので朝から活動したい人にも最適なレストラン。

 

外観からとっても素敵。

f:id:kuru072095:20160811151706j:plain

 

テラス席はこんな感じ。森の中のレストラン。マイナスイオンを感じながら、ゆっくり時間の流れを感じました。

f:id:kuru072095:20160811151724j:plain

 

お待ちかねのモーニングプレート

f:id:kuru072095:20160811152508j:plain

わたしはフレンチトーストプレート(1400円?)にしました。やっぱり理想の朝食といえばフレンチトーストでしょ、みたいな。笑

 

フレンチトーストは卵液が控えめでパンの味をしっかりと味わえるタイプでした。沢村さんはパンが抜群においしいのでソースをほとんどつけずにいただいてしまいました。

ソースはメープルシロップと果肉たっぷりのベリーソースです。

 

セットについてきた本日のスープは「焼きトウモロコシの冷製スープ」。粗ごしで焼きトウモロコシの香ばしい素材の味を感じられるスープでとってもおいしい。大きい器でたっぷりといただきたいなあと思いました。

 

ちなみに友人が頼んだソーセージとベーコンのプレート(1500円)は半切れのパンが3つもついており、とても豪華でおいしそうだったので次はこちらを頼みたいと思います。こちらのほうがボリュームたっぷりです。

あと、サーモンマリネのオープンサンド(1400円?)は角切りサーモンがたっぷりと端までのっていてこちらもとてもおいしかったです。

 

 

隣接するパン屋さんへ

わたしはよく食べるほうなのでフレンチトーストプレートでは腹8分目、、、ということで隣接する沢村ベーカリーでパンを購入して食べました。

パン屋に行ってみると、先ほどレストランのメニューに含まれていたキッシュや冷製スープ(500円くらい)が売られていて、これらとパンをイートインスペースで食べるのもありだなあ。と思いました。

 

個人的にソフトな甘いパンよりもハード系のパンとフルーツやくるみがたっぷりと入ったパンがおすすめです。食事系の甘くないパン(田舎パンやバケットなど)は天然酵母の風味が楽しめてとってもおいしい。

名前は忘れたけどカンパーニュのような形の丸いパンで沢村さんを超えるパン屋さんに出会ったことがない!ほんとうに絶品のパンです。もちろん帰りにも買って帰りました。

 

次回も必ず来ます。