わがまま消費者の旅先レポート

人にどうしても伝えたい!!って思ったときに書きます。旅行とか行き先とかその他の利用施設とか。

ベルビューダウンタウン リーズナブルでおいしいお店

ベルビューダウンタウンにはおしゃれなレストランがたくさんある。だが今回は安さに重きを置いた、10ドルくらいで食事を済ませたいときにおすすめのレストランの紹介。

 

3店のうち2店はファーストフード店だが、日本ではなじみの浅いアメリカらしいお店なので観光で来た人にもおすすめしたい。

 

 

①ワッツザフォー(What’s the Pho)

f:id:kuru072095:20171216061206j:image

フォーの上にのったお肉が魅力のベトナム料理店。フォーの種類が20種ほどあるが、上にのるトッピングの差でしかなく、スープは同じ。肉の名称も聞きなれない英語名ばかりだが、部位や焼き加減の差でしかない。数種類試したが、一番上にあるスタンダードなお肉が一番おいしい。やさしい味のスープはくせが少なく日本人にも受け入れやすい味であろう。

f:id:kuru072095:20171216062040j:image

フォー以外にもお肉メインのプレートもある。おいしいかはノーコメントで。

 

 f:id:kuru072095:20171216061241j:image

サイドメニューの生春巻きはおいしい。日本ではチリソースで食べていたのでビーナッツベースのソースは初だった。チリソースのほうが好きだが、これはこれでいける。フォーは10ドル弱。

 

 

②ポケワークス(Poke Works) 

f:id:kuru072095:20171216061424j:image

ベルビューダウンタウンパークの道路を挟んだ横にあるPoke丼が食べられるお店。Poke丼とはハワイ発祥の魚の切り身や他の具材を醤油ベースのたれに絡めた「ポケ」を上にのせたものである。

 

Poke丼の店はアメリカに来て初めて行ったのだが、自分で具材、味付けを選んで好みの丼を作ることができる。Poke Worksは他のPoke丼の店と同様、はじめにベース(米、麺、サラダ)を選び、次にメイン食材(ツナ、スパイシーツナ、サーモン、エビなど)を選ぶ。そして野菜やトッピングを選んでいくというシステムだ。アボカドとわさびとびっこのみ追加料金。それ以外は無料である。

 

f:id:kuru072095:20171216061446j:image

サブウェイ(Subway)と似た注文システムではじめて来たときはよくわからなかった。ヘルシーに食事を済ませたいときはサラダ丼に、お腹がすいているときは普通の米の丼に。と気分に合わせてカスタマイズできるのがPoke Worksの魅力だ。ほしいものを全部盛り付けるとボリューム満点。レギュラーサイズは10.5ドル。

 

さらに、午後6時まではHappy Hourで(何時からかは不明)+1ドルで味噌汁とドリンクのセットをつけることができる。ドリンクはソーダに加え、甘さ控えめな紅茶などお手製のティーが3種類あり魅力的。

 

チポトレメキシカングリル(Chipotle Mexican Grill) 

f:id:kuru072095:20171216061514j:image

メキシカンのファーストフード店。こちらもカウンターで具材を選んで注文するシステム。まずベース(米、ブリトー、サラダ)を選び、次に肉(ビーフ、ポーク、チキン)を選ぶ。この肉の種類によって値段が変わる。おすすめはほろほろにほぐれているビーフ。その後は豆、野菜などを入れるか入れないか、ソースはどれにするかと聞かれるので好みにアレンジしていく。ソースは辛いのは辛いので苦手な人は注意だ。

アボカドは追加料金だがいつも入れてしまい11ドルくらいになる。ファーストフードなのに10ドル超え?となるが、レストランは15ドル越えが普通なのでそれと比べればリーズナブル。