わがまま消費者の旅先レポート

人にどうしても伝えたい!!って思ったときに書きます。旅行とか行き先とかその他の利用施設とか。

ブルックリンブリッジ 観光・注意点

ブルックリン橋の行き方とおすすめ


①行き方(マンハッタンから)

f:id:kuru072095:20180108131659j:image
ブルックリンブリッジシティーホール駅で降りて周りを見渡すとブルックリン橋がすぐ見える。人の流れに沿って行けば間違いないが、人がいなくても矢印があるので迷うことはない。


⚠︎間違っても「ブルックリン橋」とGoogle マップ検索をしないこと。わたしは何も考えずにGoogleマップに従ったら電車でブルックリン側のよくわからない駅にたどりついた。気づいたときには遅かった。

ちなみに、ブルックリン側から橋を渡ることももちろんできるが、入り口がわかりにくいため、マンハッタン側のブルックリン駅から行くことを全力でおすすめする。

 

②ブルックリン橋

f:id:kuru072095:20180108131705j:image
過去に何度も映画や写真で見ていたこともあり、自分の目でブルックリン橋を見れてなんだか心に響いた。想像していたより大きく、絵になる場所だった。


青々とした空だが、気温を調べるとマイナス7度。橋の上は風も強く、歩く人は皆エスキモー状態。


⚠︎スニーカーで行ったら足の感覚がなくなったのでブーツは必須。冬のニューヨークは靴底が厚く、もこもこで中が温かいブーツが必須だと実感。

 

③ブルックリンブリッジパーク

f:id:kuru072095:20180108131704j:image
ブルックリン側まで橋を渡っていくと左手に階段が見えてくる。階段を降り、右手に坂を登って10分ほど歩くとブルックリンブリッジパークに行ける。


この公園からはマンハッタンの街が一望でき、さらにさっきまで歩いていたブルックリン橋を下から覗くことができる。素晴らしい景色なので、橋を渡り終わったあとはぜひ訪れるべき場所だ。

 

寒さが限界に達し、帰りは橋は歩かず、地下鉄で帰宅した。

 

④まとめ

 

行きの盛大なミスにより、遠回りをし、なんともわたしらしいブルックリン観光だった。大変だった分、やっとたどり着けたときの感動が2倍になった。