英語で旅する ~ふう旅~

英語を使う旅(コンチキツアーなど)・英語・文化の違いを発信するブログ

メトロポリタン美術館・5番街観光

目星をつけていた場所はすべて行きおわった。さてどこに行こうか。ということで今日訪れたのは下の4つ。

メトロポリタン美術館

f:id:kuru072095:20180109011501j:image
パリのルーブル美術館と並ぶ世界3大美術館の一つだ。美術館を好きだと思ったことはないが、行ったら楽しめるだろうと思い行ってみた。
しかし、広すぎてなにが有名だかさっぱりわからない。美術館の中でときどき自分の居場所がわからなくなるくらいだ。

 

f:id:kuru072095:20180109011520j:imagef:id:kuru072095:20180109012503j:image
芸術に疎いわたしは、世界中に30枚ほどしかないフェルメールの作品が3点見れたので満足である。作品の背景を知りたくなった。

 

f:id:kuru072095:20180109011529j:image
そのほかにもエジプトコーナーなどなど計り知れない美術品の数々。美術館好きな人は1日で回りきれないだろう。
ちなみに今までは入館料はオプショナルだったが、2018年3月から入館料の25ドルが義務になる。

 

ロックフェラーセンター

f:id:kuru072095:20180109011551j:image
「ここのクリスマスツリーの点灯式世界中のテレビで取り上げられてるんだよ」と友達から聞き、行くことに。

f:id:kuru072095:20180109011613j:image
わたしが行ったのは1月6日だがまだクリスマスツリーは残っており、多くの観光客で賑わっていた。有名な金のプロメテウス像を見て、像の目の前のスケート場をスルーし、ロックフェラーセンターは終わり。

近くのLEGOショップがとてもかわいかった。

 

ロックフェラーセンターはスケートをしない限りすることはないが、ここに行ったおかげで5番街に辿り着け、ぶらぶら街歩きできたのはよかった。

 

③セント・パトリック大聖堂

f:id:kuru072095:20180109011631j:image
ロックフェラーセンターから歩いてトランプタワーに行こうとしたところ、何やらものすごい存在感を持つ教会らしき建物が。
これはなんだ?とグーグルマップを開くと、「セント・パトリック大聖堂」だと。世界史の知識ほぼないわたしでも聞いたことある名前だぞ。

f:id:kuru072095:20180109011654j:imagef:id:kuru072095:20180109012425j:image
中に入ると細部にわたる装飾が。キリスト教の力を実感しました。中ではお祈りしている人がたくさん。アメリカに来て以来、キリスト教への考えが日本にいるときとはだいぶ変わった。わたしも正式な祈り方はわからないが、神様に今日1日を感謝し、教会を後にした。

 

④トランプタワー

f:id:kuru072095:20180109011715j:image
トランプタワーはまさにトランプの権力の象徴だった。

 

f:id:kuru072095:20180109011756j:image内装は金。お店には全部トランプの名前。厳重な警備。上層階と一般公開の階は完全に区切られており、自分の踏み入れたことない世界がビルの上に存在しているのを感じた。
トランプタワーの横のティファニーのあるビルは低く建てられており、トランプタワーが目立つようになっていた。なんて権力。

 

5番街はいたるところに華麗な装飾が施された建物があった。高級店が立ち並び、観光客がたくさんいる。治安も良い。

 

冬のニューヨークはとても寒く体力を奪われる。今日は美術館と5番街に行って終了。ニューヨーク4日目も大いに楽しめた。